妊娠しない原因として体の冷えが考えられます。

冷えで悩む女性が多いですが不妊だけではなく、様々な体調不良の原因にもなりますので改善すべきです。

これから冷え性になっている可能性を探り改善していく方法をお伝えしますので、ぜひ見直してみましょう。

冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎていませんか?

普段から冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎている人は内臓が冷えています。

内臓が冷えると体の代謝が悪くなりどんどん体は冷えていってしまいます。

食事であれば生野菜なども身体を冷やしてしまいますので注意が必要ですね。

これらを防ぐには温めたものを摂る意識を持ちましょう。

また、体を温める食材も意識して食べると良いですね。

ショウガなどおススメです。

ちゃんとお風呂に入っていますか?

もしかすると朝シャワーを浴びるだけの生活をしていませんか?

特に夏場などはこのようなシャワーだけで済ませる方もいると思います。

ただしシャワーだけですと体の表面は温まりますが、身体の芯までは温まらないので逆に体を冷やしている場合が多いです。

ちゃんと湯船に浸かって20分くらいを目安に少しぬるめのお湯でしっかり体を温めましょう。

定期的に運動をしていますか?

定期的に運動をしていない人は筋肉が細り代謝が悪くなっている可能性があります。

何もしないと、年齢とともに筋肉量は落ちていくので定期的な運動が必要です。

例えばスクワットは一見足だけの運動のように思えますが、手軽に全身の筋肉を鍛えることができますのでおススメです。

  • 両足を肩幅くらいか、もう少し広くして立ちます
  • 息を吸いながらお尻を後ろに引き腰を落とします
  • お尻が膝位置よりも少し下がったところまで落とします
  • 息を吐きながら最初の体勢に戻します

手は頭の後ろに組んでも、身体の前に出すなど、やりやすい形で構いません。

この一連の動作を10回1セットで1分休憩しながら3セットを目安に行います。

キツイ人は回数を減らしても良いです。

完全に腰を落としてしまうのは怪我の原因となりますので注意してください。

キツイ衣服を着ていませんか?

靴下やストッキング、そして衣服など体を細く見せようとしてキツイものを着ていませんか?

これらは血流を悪くして冷え性を悪化させます。

なるべくゆったりとしたものを選ぶようにしましょう。

また化学繊維のものは締め付けが強いので、なるべくなら天然素材の物を利用しましょう。

室内の温度は最適ですか?

室内の温度は暑すぎても、寒すぎてもいけません。

なぜなら自律神経が乱れてしまい体温調整が衰えてしまうからです。

クーラーや暖房を使う場合は、20度を目安に設定しましょう。

もし職場など設定しづらい場合は衣服で体温を調整するようにしたいですね。

まとめ

冷え性は意識することで改善することができます。

普段の生活、食べ物を見直し、冷え性になる原因を意識することが大切です。